f:id:munosan:20150510171410j:plain
 NHKをみて驚いた。

 長田弘さんが亡くなられた。

 2004年12月25日。鳥取市のこぶし館であった講演会のあと、書いてもらった。本のなかのフレーズの一節である。

「手仕事のように自分の言葉を紡ぎなさい」。

 世界でたった一枚の色紙となった。

 机のまえに、いつも置いている。

 わたしにとって「人生の特別な一瞬」「死者の贈り物」は、人生を照らす大切な本となっている。
 
 75歳だった。

 先月には、「長田弘全詩集」が出版されたばかりだった。