ジャニヲタというものは自ユニの旅を見たがるものなんだと勝手に思っています。5人旅とか6人旅とか7人旅とか。どこかのグループが全員で旅でもしようものなら、自ユニでもやってほしいって思うのがわたしたちでしょう、たぶん。

 

遅れ放送でこの土日ようやくジャニ勉400回記念旅が見られたので、それに触発されて。ジャニーズグループの旅になんでこんなにも魅力を感じてしまうのか、私なりの理由を考えてみました。

と、言っても私はSMAP、TOKIO、V6、関ジャニ∞のよっつのグループのメンバー旅しか見たことがありませんし、そのよっつのグループすら全ての旅を網羅したわけでもないのであまり説得力のない話になっちゃうかとは思いますが。

 

  • メンバー水入らずでいるのが見られる

なによりこれではないでしょうか!!!必ずしも完全な水入らずといく訳ではありませんが、基本的にメンバーしか映らない映像がお届けされるわけです。普段のレギュラー番組ではあまりこういったことは無いように感じられます。ゲストさんやアナウンサーさんがいない映像。画面に映るのは好きな人のみ!至高の時間です。

 

  • 覗き見させていただいている感覚

移動とか、お泊まりとか。…鉄腕DASHの0円食堂でよく見るけど、そういう移動じゃありません。"目的地に到達する"ためだけの移動をじっくり見させてもらう機会なんてオタクにはあまりありませんから!それからお泊まりも!そんなのメンバー旅でもしてもらわない限りみられませんからね。そんな特別感、覗き見感にわくわくしちゃうんだと思います。

 

  • ファンしか知らない姿が地上波に

これも、わたしがメンバー旅を好きな理由のひとつ。普段のテレビでみている姿とファンしか見ないような媒体でみる姿って、ちょっと違うと思うんです。でも、メンバー旅を地上波で放送した場合、その境目があいまいになるような気がして。実際、SMAPの五人旅をみたときにもわたしとスマオタの弟の間で「え?SMAPってこんな感じなの?」「え、いつもこんな感じじゃね?」って会話がありました。わたしはファンでもなんでもない人が自ユニになんらかのメンションを示してくれる状況が大好物なので、その機会が存分にあるメンバー旅はチャンスなんです。(何のだよ)

 

  • 感動、そしてミラクル

これはありがちな話ではありますが。メンバー旅というのは往々にしてなにかの節目なんかに開催されることが多いように思えます。そうすると必然的に、番組のシメとか夕飯とかの時間に"ちょっと語ろうぜ!"みたいな"振り返ってみようぜ!"みたいなコーナーが設けられるんです。これがたまらない。グループ、メンバー個人によってしんみりしてたり照れてたり。そういうのを見せてもらえるのって貴重ですよね。

それから、ミラクル!基本的に旅において何か一回は、というか何度もミラクルなんじゃないかと思うような発言とか出来事がありますよね。鹿が乗り移ったり、とりまるだったり。こういうのって時間が経ってもオタクの中の楽しいネタとして残っていくんですから、メンバー旅は偉大です。

 

と、まあここまでばっと挙げましたが、要はわたしはV6の20周年旅を望んでいるということです。坂長だいすき人間なので前席固定でまたぜひ…!

それからTOKIOの旅もやってくれていいんですよ??まだ間に合います!!!